VoiceJaopan 427 ワンピース 手曲げ チタンショート管 

5大コンセプト
その1:カッコいいワンピースチタン管を作りたい。
その2:チタンでエキマニを極限まで曲げたい。
その3:サイレンサーを入れて3.0sまでの軽量で作りたい。
その4:いい音を奏でたい。
その5:オールハンドメイドで作りたい。
をもとに作り上げたマフラー・・・

Z1Z2用 MK2用 Z1R用  各230,000円(税別)

左:VJワンピースチタン管 右:通常の手曲げ
38φのエキマニが多いが、42.7φの方が迫力があって、いい音(いわゆるいい鳴き)がする。
デメリットとしては低中速のトルクの落ち込み・・・それを補うため、エキマニを長くとって、
中に絞りを入れて、低中速のトルクの落ち込みのない乗りやすいマフラーに・・・

ノーズダイブした時のフロントフェンダーとフロントタイヤの逃げ・・・
それとエンジンの前面の掃除をし易くするため・・・なんて(^o^)

☆いい音をさせる3つのポイント
その1:427エキマニ
その2:スプリング止めではないワンピースの形状(途中の排気漏れがない)
その3:ラッパ形状のインナーサイレンサー

MK2用

Z1用

サイレンサーはいい音を奏でるため、
入り口と出口、共にラッパ形状に。
パンチングパイプは腐らないように
ステンレス製。

標準は32φ

43φのスターバッフルはオプション設定。
12,000円+TAX

形、音質、重量にこだわり、1本づつハンドメイドで製作されたワンピースチタン管。
ワンピースでこの曲げ、しかもチタンってなかなか作れそうで作れない、
職人さんいい仕事してます。
チタンで曲げられる極限の技を駆使して製作した427エキマニ。
チタン独特の虹色がなるべく出ない様に手曲げを・・・。
重量は、サイレンサーを付けた形で、こだわりの約2.9s。
一般的な鉄集合管は約6.0s、ノーマル4本出しは、約15.0s
低中速のトルクが落ちないよう
絞りを内蔵した構造に・・・
キレイな手溶接

エンジンセッティングもチェックできるように
AF(空燃比)センサーボスを標準装備。
一本づつにシリアルナンバープレート付き

一本づつハンドメイドで仕上げていますので、少々お時間をいただきますが、
順次出来次第ご連絡させていただいておりますので宜しくお願いします。